ブログ

エリアを意識的に分けるため床の色を変えました。

こんにちは。リフォームとオーダーメイド製品制作のYCompanyです。
今回もYCompanyの事務所のリフォームです。今回は床仕上げについて、ご紹介します。

YCompanyの事務所はショールームも兼ねています。広いスペースを保ちつつ、一つの空間でいくつかのエリア分けをする使い方をしたいと考えました。そのため、YCompanyの事務所では床材を変えることによってそれぞれのエリアを意識出来るようにしました。床材はお掃除しやすく、耐久性もあるフロアタイルを採用しています。

質感には変化を持たせても、繋がり感を持たせました。

フロアタイルには色だけでなく艶の有り無し、石目、木目、たたみ、モザイクなど様々な質感の違うものがあります。ひとつの空間ということと、床という広い面積を占めますので色味はベーシックにして質感で変化を出しました。

中央のフリースペース、カウンターエリアと奥はキッチンエリア

床材は3種類使ってありますが、ポイントはこのスクエア型!

白い石目、グレーの木目、それと艶ありの石目、それぞれのエリア分けが出来ました。ポイントはカウンターエリアの床材をキッチンエリアに一部取り入れたこと。これにより、空間に繋がりを感じさせてくれます。また、スクエアの並びが木目の柄方向と相まって連続性と奥行を感じられるデザインとなりました。

リフォーム工事、オーダー製品制作、木材加工、金属加工と薪ストーブのYCompanyです。
ご相談等ございましたらこちらからお問合せ下さい。

 

 

 

一覧に戻る